TOP > ケーススタディ > 千代田化工建設 AWS上にHPC環境を構築

ケーススタディ

千代田化工建設 AWS上にHPC環境を構築

最大64コアのモデリングを短期化 IT統制を効かせた共通基盤の整備へ

【2017/12/20】

 千代田化工建設は2015年にAWSの利用を開始した。1年に数回しか使わないシステムや、利用頻度が低いレガシーシステムをオンプレミス(自社所有)環境から移行させたほか、HPC(High Performance Computing)にも使用。コスト削減やリソース調達期間の短縮など、大きな効果を上げている。現在は、ITガバナンス(統制)を効かせてAWSを利用するうえで必要な共通基盤の整備に取り組む。

井原 敏宏

2018年1月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。