TOP > ケーススタディ > ウィルソン・ラーニング Azureに学習管理システムを移行

ケーススタディ

ウィルソン・ラーニング Azureに学習管理システムを移行

70万人が使う学習サービスをクラウド化 Azureメンテナンスによる不具合を克服

【2017/10/20】

 人材開発を中心に事業展開するウィルソン・ラーニング ワールドワイド。ホスティングサービスで提供していた「人材育成ポータルサイト」を、利用者数やアクセス負荷の増大への対応を目的に、提供基盤をAzureに切り替えた。移行過程ではミラーリング構成にしたSQL Serverの影響で、アプリケーションが動かなくなる事態が発生。独自ツールの開発で乗り切った。2016年12月には新ブランドの「Engagement Portal One(EP1)」として展開している。

井原 敏宏

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。