TOP > ケーススタディ > D2C eラーニングシステムをAzureで開発

ケーススタディ

D2C eラーニングシステムをAzureで開発

Media ServicesやFunctionsを活用 PaaSでスケールアウトを容易に

【2017/04/20】

 NTTドコモの連結子会社でデジタルマーケティングなどを手掛けるD2Cは、Azure上で企業向けeラーニングシステム「etudes(エチュード)」を開発した。開発期間の短縮や運用負荷の軽減のために、動画配信の「Azure Media Services」などAzureのマネージドサービスを中心にシステムを構築。教材のアップロード時などにはイベント駆動型コード実行の「Azure Functions」を使い、仮想マシンを意識せずに処理を実行している。

井原 敏宏

2017年5月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。