TOP > ケーススタディ > ディー・エヌ・エー AWSとGCPでAI基盤を構築

ケーススタディ

ディー・エヌ・エー AWSとGCPでAI基盤を構築

GPUリソースのコスト抑制が課題に スポットインスタンスで7割減も

【2017/04/20】

 人工知能(AI)、特に深層学習(ディープラーニング)を含む機械学習を使った新サービス開発に注力するディー・エヌ・エー(DeNA)。同社はAWSを使い、機械学習の基盤を構築した。無駄な課金を省くために、仮想マシンのオートスケールを管理するツールを開発。入札形式で利用するEC2スポットインスタンスも一部使い、約7割のコスト削減を実現した。2017年2月にはGoogle Cloud Platform(GCP)上にも機械学習基盤を構築し、検証を進めている。

井原 敏宏

2017年5月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。