あたかも仮想空間にいるように体験できる技術の「仮想現実(VR)」と、現実の映像にCGを重ねて表示する技術の「拡張現実(AR)」。ともに業務利用が進んでいる。一見、似たようなことを実現できる二つの技術だが、VRは利用者の感情に訴えかけるために使われ、ARは論理的に説明するために利用されることが多い。

次ページ以降は日経ITイノベーターズの会員様のみお読みいただけます。