働き方改革の一環として、今、注目を集めているのが会議の効率化だ。日経情報ストラテジーの調査によれば、30.2%のビジネスパーソンが1週間に7時間以上の時間を費やしている。この時間を短縮する、もしくは、同じ時間でより有用な結果を導くことは企業にとって大きな意味がある。

次ページ以降は日経ITイノベーターズの会員様のみお読みいただけます。