資料の紹介

 膨大かつ多様なデータを、いかにビジネスに活かすかが、企業の競争力を左右する時代になった。しかし、従来のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールは、データを分析・可視化するためにIT部門に処理を依頼したり、専門知識を必要としたりして、現場主導の迅速な意思決定に役立てることが難しかった。

 そこで注目されているのが、業務部門の担当者が直接、必要なときに、ドラッグ&ドロップなどのシンプルな操作で使える「セルフサービスBIツール」である。しかし、社内の様々な部門のユーザーから寄せられる多様な分析要件に対応しつつ、多様で複雑なデータを効率的に活用できるようなツールを見つけることは簡単ではない。

 本資料では、独自の連想技術により、異なるデータの関連性を明らかにし、データに潜むストーリーを浮き彫りにするセルフサービスBIツールを紹介する。属人的な集計・分析作業から脱却し、正しいデータを共通のセキュアなプラットフォーム上で分析することで、誰でも同じ結果を得られ、気付きを共有できるという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。