資料の紹介

 クラウドの拡張性や利便性は魅力だが、セキュリティや既存システムとの連携を考えるとオンプレミス環境にもシステムを残したいと考える企業は多い。ワークロードの一部をクラウドで実行し、必要なものをオンプレミスに残す「ハイブリッドIT」はそうした企業に最適な選択肢の一つと言える。

 しかし、オンプレミスにシステムを残すことで、ワークロードの変動に対する柔軟性を損なう可能性がある。かと言って、予備のキャパシティをオンプレミスに確保しようとすると、コストがかさんで予算が逼迫する恐れがある。

 本資料では、オンプレミス環境で、クラウドの柔軟性や利便性を享受できるサービスを紹介する。サーバーやストレージなどのITリソースを、今後の予測に合わせて顧客企業に設置してサービスを提供。顧客企業は毎月の基本料金と超過分の支払いだけで済むため、初期投資を抑えたスモールスタートや、即時のスケールアップが可能になる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。