資料の紹介

 汎用機やオフコンで稼働しているアプリケーション資産をオープン系システムに移行する「レガシーマイグレーション」に、多くの企業が取り組んでいる。レガシーマイグレーションの手法はいくつかあるが、アプリケーションを一から作り直すスクラッチ開発は、自由度が高い半面、期間やコスト、人手がかかるとされてきた。

 しかし、最近ではプログラミング作業を自動化し、開発作業を大幅に削減するほか、プログラミングの知識がない担当者による開発を可能にする「超高速開発ツール」製品が登場し、スクラッチ開発の難点は解消されつつある。

 本資料では、スクラッチ開発でも短期間、低コスト、少人数でのシステム再構築を可能にするという超高速開発ツールを紹介する。「ERモデル」上にデータとビジネスロジックを定義することで、プログラムを記述することなく、アプリケーションを開発できる。アプリケーション定義は「知識ベース」で管理、変更や保守作業を効率化する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。