コラボレーション

解説

仮想化環境でも安全・快適に「Skype for Business」を使う方法

2016/08/31

シトリックス・システムズ・ジャパン

資料の紹介

 社内の電話インフラをPBX(構内交換機)から、マイクロソフトの統合コミュニケーションツール「Skype for Business」へと切り替える企業が増えている。Skype for Businessで音声通話、IM(インスタントメッセージ)、音声会議、ビデオ通話、デスクトップ共有を実現することで、設備と管理の両面でコストを削減できるからだ。

 このSkypeを仮想化環境で稼働させると、同じバージョンで組織内のプラットフォームすべてに対応でき、管理がさらに楽になる。しかも、通話などのログがユーザーのデバイスに残らないので、セキュリティリスクも軽減できる。しかし、従来の仮想化環境では、Skypeの性能が大きく低下してしまう、という問題が起きがちだった。

 本資料では、仮想化環境におけるSkype利用を支援するツールを紹介する。Citrix XenApp/XenDesktopを使ってSkypeを仮想的に配信するもので、性能を損なわずに、セキュリティと管理性を向上する。ローカル環境と変わらない操作性と、スケーラビリティ向上を実現するという。2016年8月時点では唯一のMicrosoft認定ソリューションである。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ