クラウド

解説

パブリッククラウドをオンプレミスのように使える“裏ワザ”サービス

2016/08/31

ビットアイル・エクイニクス

資料の紹介

 AWS(Amazon Web Services)の成長と対抗勢力の台頭、IaaS(Infrastructure as a Service)をはじめとするサービス領域の拡大などにより、“クラウドファースト”の勢いはとどまるところを知らない。その一方で、パブリッククラウドの課題を指摘する声は根強い。

 昨今は、ライセンス、パフォーマンス、セキュリティ、安定性などの要因から、プライベートクラウドやパブリッククラウド、物理環境を組み合わせたハイブリッドクラウドを採用する企業が増えている。しかし、こうしたハイブリッドクラウドでは、両システム間のネットワーク遅延がボトルネックになることがある。

 できるだけデータセンター側で通信を完結させるようにシステムを配置し、トラフィックを集約・効率化できれば、低レイテンシーでプライベートなネットワーク接続が可能になり、ネットワーク遅延の問題を解決できる。本資料では、こうした構成を採ることで、パブリッククラウドをオンプレミスのように使えるサービスを紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ