クラウド

解説

クラウドで楽々、月3000円台からできるOracleデータベースバックアップ術

2016/07/13

日本オラクル

資料の紹介

 パブリッククラウドの一般的なメリットは理解していても、自社にパブリッククラウドでの運用に適したシステムが見当たらない、という理由で導入には至っていない企業は少なくない。そうした企業におススメなのが、データベースのバックアップにパブリッククラウドを利用することだ。

 データベースのバックアップにパブリッククラウドを利用することで得られる最大の利点は、コストと手間の削減である。例えば、バックアップにテープを使うと、容量当たりのコストは安価だが、取得や運搬、保管といった運用の手間がかかる。ディスクを使うと、運用は比較的容易だが、容量当たりの単価が高くなる。

 本資料では、商用データベースソフト「Oracle Database」のデータを、エディションやプラットフォームを問わずにバックアップできるパブリッククラウドサービスについて、特徴と概要を紹介する。バックアップサイトをパブリッククラウド上に構築することでシステム復旧を迅速化したり、システムの可用性を高めたりすることも可能という。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ