クラウド

解説

Excel頼みの予算管理や業績管理の“隠れた”負担、クラウドでサクッと解決する

2016/06/15

日立ソリューションズ東日本

資料の紹介

 プロジェクトの予算管理や業績管理にExcelなどのスプレッドシートを使っている現場は多いだろう。確かにスプレッドシートは便利だが、実際には、多くの担当者の負担の上に業務が成り立っていて、見えない運用コストがかさんでいるケースが少なくない。また、マクロなどで業務処理が埋め込まれたスプレッドシートは、ノウハウがブラックボックス化しやすく、ガバナンスの面でもリスクがある。

 しかし、一見するとうまく回っているこうした業務を、時間とコストをかけてシステム化するのはハードルが高い、というのも事実である。解決には、導入期間とコストの両面でハードルの低い新たな仕組みが求められる。

 本資料では、クラウドとテンプレートを活用することで、短期導入を可能にした予算管理ソリューションを紹介する。各種の業務テンプレートをそろえることで、最短数週間で使い始められる。複数のシナリオによるシミュレーションや、予算と実績の対比など、スプレッドシートでは難しい分析も簡単に行えるようになるという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ