コラボレーション

解説

せっかく導入したSkype for Businessが使われない3大原因と解決法

2016/06/08

クロスキャット

資料の紹介

 ワークスタイル変革を進めるうえで、大きな課題となるのがコミュニケーションである。「Skype for Business」のように、Web会議やインスタントメッセンジャー、プレゼンス(在席状態)管理といった機能を備えたツールは、ワークスタイル変革の推進に欠かせない存在と言える。

 しかし、実際に導入してみると、思うように社員が使ってくれないというケースが少なくない。ツールがいくら便利な機能を豊富に備えていても、使われなければ“絵に描いた餅”。せっかくの投資が無駄になってしまう。

 本資料は、Skype for Businessの利用率が上がらないという悩みを抱える企業へのヒアリング結果から浮かび上がった「使われない3大理由」についてまとめたものである。それぞれの理由について、対策のポイントを解説したうえで、Skype for Businessの利用を全社員に浸透させるための具体的な方法や手段を紹介している。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITpro Activeの豊富なコンテンツをご覧ください。
ダウンロードする

おすすめの記事

    関連プレスリリース

      同じベンダーのホワイトペーパー

      注目コンテンツ