資料の紹介

 クラウドの普及が加速している。コスト削減、柔軟性および拡張性にもたらすメリットを享受しようと、あらゆる規模の企業がアプリケーションのクラウドへの移行を指向しており、「クラウドファースト」に基づくIT戦略の立案・検討は、大部分の企業に定着した感がある。

 クラウドあるいはハイブリッド環境への“移行圧力”が強まる中、IT部門に求められるのは、クラウドのメリットをすべて享受できるような移行を実現することである。移行の具体的なプロセスは各社の環境によって異なるが、どのような環境で進めるにしても、注意すべきポイントはある。

 本資料では、より有益なクラウド環境の構築に役立つ、8つの設計指針を紹介する。「クラウドにすべきかどうか」の検討に始まり、将来にわたる柔軟性やアプリケーションのサポートなど、さまざまなオプションを理解した適切な移行戦略を立てることが移行を成功させる鍵だとしている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。