資料の紹介

 いまや「働き方改革」は、多くの企業にとって重要な経営テーマだ。ただし、業務内容によって解決策が異なり、すべての部門に効果のある対策があるわけではない。特に改革が難しいとされるのが経理部門だ。会計システムの操作には、セキュリティの観点からオフィスの在席が求められる。また、伝票など紙の処理も不可欠なため、経理業務の仕事量はなかなか減らないのが実態だからだ。

 しかし、複数のITソリューションを組み合わせることで、経理部門の働き方改革は可能だ。1つは定型的な反復業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用だ。RPAと会計システムを連携させると、入金処理や予算管理、支払いなどの処理を自動化できる。さらに、クラウドとモバイルを組み合わせることで、レシートや領収書の申請や明細取得も簡易化・自動化できる。

 本資料では、具体的なITソリューションを組み合わせ、経理部門の業務改革を実現する方法を確認できる。経理部門の「働き方改革」の処方箋として活用したい。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。