資料の紹介

 働き方改革の必要性が叫ばれている昨今、企業はどのような環境を構築し、どのようなデバイスをユーザーに提供すればよいのだろうか。ハードウエアメーカーは多種多様なパソコンやタブレットを日々開発しており、こうしたデバイスをうまく活用できれば生産性や業務効率は向上できるはずだ。

 しかし、最新のデバイスやIT環境を導入すれば、働き方を変革できるというわけではない。勤務規定や人事などの制度やルールを見直し、長時間労働の容認など旧態依然とした企業文化から脱し、新たな方針と企業文化を養いながら、デバイスやIT環境を整備していくことではじめて、従来できなかった働き方が可能になる。

 本資料では、成果を生む働き方改革に取り組む企業が実行すべきポイントを整理しつつ、ノートPCをはじめとするデバイス選びで考慮すべきポイントについて具体的に解説する。業種・業界などによって最適なデバイスも変わる。単にデバイスを選ぶだけではなく、管理ツールや周辺機器、サポートも含めて自社のニーズを満たすソリューションになっているかを見定めることが重要としている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。