資料の紹介

 鹿島建設は、建築構造物のBIM(各種属性情報を付加した3次元モデリング)データを共有・管理するためのクラウドベースの独自プラットフォーム「Global BIM」を構築。社内外の多くの関係者が建築物を可視化し、合意形成のためのシミュレーションや建築・設備の取り合い確認、施工段階における図面や計画の作成に役立てている。

 Global BIMのクライアント環境ではハイエンド3D CADをはじめ、高負荷の各種アプリケーションが動作する。一方で同社は、省エネや災害発生時の業務継続性の観点から、ユーザー端末のモバイル化も推進している。そのため、Global BIMの高負荷アプリケーションが快適に動作するノート型PCが必要になった。

 本資料では、BIMを活用する施工系社員のワークフローを支える端末として、鹿島建設が採用したモバイルワークステーションを紹介する。ハイエンドの3D CADアプリの実行だけでなく、ヘッドマウントディスプレイを組み合わせた仮想現実(VR)システムにも利用。高フレームレートと低遅延の映像表示を実現している。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。