資料の紹介

 企業にとって柔軟性の高い経営管理、予算管理のシステムを構築することは重要だ。しかもそれは経理スタッフ全員がユーザーごとのニーズに合わせて各種レポートを作成できるものでなければならない。特定の社員の経験に依存すると属人性が高くなり、継続性の面で危険度が増す。

 企業のデータはExcelで管理していることが多い。Excel上にある数多くの予算表に対して、手入力で実績データの割り当てを行うと、入力と集計に丸一日を費やしたり、残業を発生させてしまう。しかし、柔軟性のあるツールを導入すれば、予実分析レポートの作成などが自動化され、10分に短縮された例もある。経理スタッフの負担が減れば、その分、より戦略的な業務に集中できる。

 本資料は、経営管理・予算管理のクラウドサービスを導入して、さまざまな手間やメンテナンス負荷を減らし、利益の最大化を意識した営業戦略を立てることができるようになった事例を紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。