資料の紹介

 今、小売業は大きな転換期にある。破壊的変化といってもいい。オンラインショッピングの台頭で、消費者は気軽な買い物体験を手にした。その一方で、実店舗では自分だけの体験を求めている。先手を打つためには最新技術が必須だ。例えばビッグデータの解析技術があるが、日本の小売/卸売業界では限定的に導入されているに過ぎない。

 ショッピングモール内に広告を流すとき、自分に関係のない情報であれば、顧客は役立たないものとしてこれを無視する。一方で顧客のモバイルデバイスを個別に識別することで、顧客に合ったプロモーションを流すことができる。このためには、ビッグデータを解析して、消費者の行動を分析することが必要だ。

 本資料は、小売業者が生き残るのに必要な技術——オムニチャネル、モバイル決済、インテリジェントサイネージ、IoTを利用した在庫管理などの導入例を、実際に導入している企業名も含めて紹介している。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。