資料の紹介

 クラウドは、ITリソースの迅速かつ柔軟な調達を可能にすることで、新サービスの市場投入までの期間を短縮し、コストを低減するといったメリットをユーザー企業にもたらしている。その一方、クラウド技術は絶え間なく進化しており、多くの選択肢の中から自社のニーズを満足するサービスを選ぶのは容易なことではない。

 当然ながら、業界や企業によってクラウド導入の目的や要件は異なるし、同じ企業内であっても、一つのクラウド化戦略で各部門のニーズをカバーできるとは限らない。最適なクラウドを選ぶためには、ビジネス面および技術面での数々の検討に加え、複数のサービスの組み合わせについての検討も必要になる。

 本資料では、クラウドの導入を検討している組織が、自社のニーズに合致したクラウドサービスを選択する際に検討すべき事項を列挙し、クラウド化で問題に直面した企業の事例を交えて解説する。自社のビジネス要件とワークロードの特性を理解して初めて、適切なクラウドサービスの検討が可能になる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。