資料の紹介

 クラウドサービスが、組織にとって現実的な選択肢になっていることは間違いない。「クラウドファースト」のアプローチは、当初の予想を上回るスピードで広がっている。パブリッククラウドに対する漠然とした不安感はかなり払拭され、より具体的な問題が議論されるようになった。

 その一方で、こうした技術の変化がIT部門の負担を増やしていることも事実だ。企業規模によらず、サイバーセキュリティ分野における人材不足が、クラウド導入の阻害要因となっている。クラウドサービスと「シャドーIT」の関係性を指摘する“クラウド反対派”の声も根強い。

 本資料では、世界中の組織のIT関連上級管理職1400人に、クラウドの採用状況や運用形態、使用しているサービスの種類、現在の課題などについてのアンケート結果を紹介する。本調査は、組織が直面するセキュリティ上の課題と解決方法を把握することを主目的に実施された。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。