資料の紹介

 企業の情報セキュリティ担当者は、進化する脅威に絶えず直面している。特に、機密データ侵害の最も一般的なターゲットであるエンドポイントとサーバーは、最大の懸念事項となっており、多くの企業がセキュリティ投資を増やす傾向にある。

 しかし、セキュリティ対策を強化するほど、扱うセキュリティツールの種類や数が増え、人手と時間が一層かかるようになる。さらに、手動で行わなければならない作業も依然として多く、十分理解できていない脆弱性に関して意思決定を強いられることもしばしばだ。

 本資料では、エンドポイント管理用のツールとセキュリティ戦略、戦略の有効性などに関しるアンケートの結果を紹介する。企業の情報セキュリティ責任者は、データ侵害に迅速、効率的、かつ総合的に対処するために、エンドポイントセキュリティ環境の複雑さを軽減する必要があると考えている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。