資料の紹介

 小売業界におけるアマゾン、自動車業界におけるテスラ、タクシー業界におけるウーバーに代表されるように、デジタル時代のビジネスの主役は大企業から新興企業に移り変わりつつある。伝統的な企業を支える従来のビジネスモデルでは、もはや市場での成功はおぼつかなくなった。

 新興企業はいずれも、ITを革新的な方法で活用しているが、決してITだけでビジネスモデルを変革したわけではない。併せて、商品の流通や提供の手法、さらには原材料の調達方法に至るまで刷新しており、こうしたことが他社との決定的な競争力の差を生み出している。

 本資料では、企業が新たなエコシステムを構築し、ビジネスモデルを刷新するために有用な3つのベストプラクティスを提示する。針路のよりどころを確立し、業績基準を変更し、パートナーのビジネスチャンスを創出することによって、伝統的な企業はデジタル主導の新たなビジネスモデルに移行しやすくなる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。