資料の紹介

 企業が顧客とのやり取りにデジタルな手法を使うことが増え、データから顧客の行動について必要な情報をすべて知ることが可能になってきた。その結果、データからいかにインサイト(知見・洞察)を得て、優れたカスタマーエクスペリエンスにつなげていくかが、今日の企業の競争力を左右するようになった。

 しかし、データの重要性を理解している企業でも、インサイトの活用は役員レベルで留まり、従業員の行動につながっていない場合が多い。データからインサイトを得て、適切な形でタイミングよく行動を起こすには、組織の役割と体系を最適化し、プロセスとテクノロジー戦略を考える必要がある。

 本資料では、データから得たインサイトをビジネスに活用する「インサイトドリブン」を実現するために、企業がすべきことについて解説する。収益成長率の高い企業には徹底した顧客志向(カスタマーオブセッション)が文化として根付いており、それにはインサイトに基づく行動が欠かせない。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。