資料の紹介

 市場環境がめまぐるしく変わり、多くの企業がグローバルな競争に直面する中、適切な意思決定を下すには、IT、さらにはIoTを活用して収集するデータが欠かせない。そしてそれらを基にして迅速にサービスを提供し、改善し続けていくためには、要件定義から設計、実装、リリースまでに数カ月単位の時間を要するような、従来型のシステム開発では間に合わない。

 一方で、システム開発の現場には、既存のシステムの改修や高度化と並行して、Webやスマートフォンなどの新しい顧客接点への対応や、顧客との抽象的な会話から隠れたニーズを見極めてモデリングし、開発につなげていくといった新しい働きも求められている。さらに、システムの開発と保守に当たる技術者が不足しているという問題もある。

 本資料では、これらの諸問題を解決に導く技術として、AIを活用した次世代超高速開発のアプローチを紹介する。AIを取り入れたPMO向けアプリケーションで、プロジェクト管理に関わる様々なタスクを効率化し支援。これが開発と保守を支援するツールと連携することで、次世代の開発支援環境を実現するというものだ。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。