資料の紹介

 AI(人工知能)技術が脚光を浴びるようになって久しい。AIのポテンシャルが理解されるにつれ、物珍しさから関心を持たれる時期は過ぎ、「自社のビジネスでAIをどのように活用すべきか」へと論点が移りつつある。

 もちろん、AIがすべての業務プロセスを置き換えるわけではない。かといって、従来通りのやり方に固執するのでもなく、人間が蓄積してきたナレッジとAIをうまく組み合わせることで、いかに新しい価値を生み出すかが課題となっている。

 本資料では、AIが広げるビジネスの可能性について検討する。AIは何でもできるかのように期待しがちだが、当然、スイートスポットとそうでないところがある。専門家の知識をどんどん取り込み、フィードバックしていくというサイクルを回すところに、AIの真の価値があり、企業の競争力を培うポイントになるとしている。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。