資料の紹介

 企業活動で必須の会計と財務業務には、さまざまな悩みごとが付きまとう。例えば、仕訳や決算処理、報告書作成などに費やされる時間と手間。こうした業務を効率化するには、業務システムを導入して自動化を行う必要がある。

 例えば、毎月作成している帳票を経営陣に提出したところ、急にもっと細かな経営分析を含めた報告書を求められ困ったという経験はないだろうか。また、ワークフローシステムと会計システムが連動していないため、毎月の営業損益がリアルタイムで把握できないなどという悩みも多い。これらの悩みは、制度会計と管理会計の一元化、ワークフローシステムを一体化することで解決する。

 本資料では、こうした経理部門に求められる機能を備えた業務システムについて説明する。合わせて、営業部門や経営層へのメリットも紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。