資料の紹介

 ITインフラの安定稼働はいまやビジネスに欠かせないものであり、自然災害への対策を講じている企業も多い。しかし、自然災害は事業継続を妨げる多くのリスクの一つにすぎない。ITインフラの予期せぬサービス停止の多くは、サイバー攻撃や人為的なミスといった自然災害以外の要因で発生している。

 インターネット常時接続が当たり前になった現在、一度でもサービスが停止すると莫大な損害が出るといわれている。しかも、ハイブリッドクラウドなどの導入により、システム環境の複雑さは増す一方だ。顧客のニーズの高まりに対応しつつ、ミッションクリティカルな環境を実現するには、システム運用について再考する必要がある。

 本資料では、ITインフラのサービス停止を防ぎ、事業を継続させるために考慮すべきポイントを整理した。事業継続に必要な状況を可視化し、システム復旧に必要な作業を自動化できれば、人為ミスを防ぎ、事業継続に対するリスクや不安を取り除ける。さらには、コストも最適化できる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。