資料の紹介

 ビジネスのグローバル化や労働人口の減少など、環境が激変する中、企業が競争力を維持・強化するために、「働き方改革」による業務効率化や生産性向上が急務となっている。働き方改革の実現に欠かせないのが、在宅勤務や短時間勤務などの柔軟な働き方を取り入れることである。

 しかし、在宅勤務や短時間勤務によって社員同士が対面で話す機会が減ると、様々なミスや二度手間が発生し、仕事の効率が低下する恐れがある。そうした事態を避けるためには、従来の社内コミュニケーションのあり方を見直し、改善する必要がある。

 本資料では、東洋アルミニウムが働き方改革への取り組みで実施した、社内コミュニケーションの見直しのポイントや、ビジネスチャットツールの導入について紹介する。決裁や意思決定のスピードが上がり会議の時間が大幅に短縮しただけでなく、顧客満足度の向上にも役立っているという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。