資料の紹介

 2016年、サイバー攻撃は新たな段階へと突入した。米国大統領選挙の妨害に国家が支援するサイバースパイが関わり、身代金を要求するランサムウエアは個人のみならず企業レベルまで大幅に拡大。さらにはIoTデバイスを狙って猛威を振るったボットネット「Mirai」の出現や、クラウドサービス攻撃の台頭など、その被害はかつてない規模に達している。

 しかし、それらを発生させたツールや戦術は、実は非常に単純なものだ。現在、攻撃者たちはゼロデイ脆弱性や高度なマルウエア利用を控え、特定の対象を狙うスピアフィッシングメールをはじめとして、メールを攻撃に使う傾向が強い。

 本資料は2016年のセキュリティ脅威のトレンドを網羅した最新セキュリティ白書である。標的型攻撃、メール攻撃、Web攻撃/脆弱性の悪用、ランサムウエア、IoT/モバイル/クラウドといった観点からセキュリティ動向をまとめた。詳細な調査結果に加え、重要な数値をインフォグラフィックで分かりやすく表示し、大まかな傾向を短時間で把握できる。「サイバー犯罪と闇市場」の項目では、普段は目にすることのない個人アカウントの相場価格なども掲載。こうしたデータは、セキュリティ脅威によって被る実害をリアルに浮かび上がらせる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。