資料の紹介

 クラウドコンピューティングが成熟期に入り、クラウド、オンプレミス、あるいはその両方へ情報システムを配置することが一般的になった。クラウドのメリットの一つとして、簡単にパフォーマンスが得られることが挙げられているが、本当のところはどうなのだろうか。

 実は、モニタリングをすればパフォーマンスが必ず分かるというわけではない。昨今はモニタリング手法が多様化しており、最適な手法を選ばないと、あたかもパフォーマンスが得られているかのような錯覚に陥りやすい。予期せぬ様々な要因で起こるパフォーマンス問題を予防するには、事前に負荷テストを十分に実施し、競合や大量処理の問題を確認することが有効だ。

 本資料では、クラウドへの移行を検討中、あるいはアウトソースしたシステムのパフォーマンスが出ずに困っているユーザー企業向けに、負荷テストを通じてシステム性能を診断・レポートするサービスを紹介する。数百に上る実施経験に基づいて標準化した手法でテストすることでテスト品質を担保、TCOの削減にもつながるという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。