資料の紹介

 ITがビジネスの屋台骨を支えるようになった現在、高品質なシステムを短期間で、しかも低コストで作ることができれば、それはそのままビジネスでの競争力向上につながる。しかしその一方で、事業やビジネスのスピードは加速し、ビジネスロジックも複雑化しており、システム側の対応が追いつけずにいるのが現状だ。

 システム開発を外注している企業は、機能の追加・変更が必要になるたびにベンダーに依頼せねばならず、コストがかかるうえ、タイムリーにサービスや商品を市場に投入できない。かと言って、技術の進歩が速い昨今、内部開発で柔軟に対応できるだけのスキルやノウハウを蓄積することは難しい。

 本資料では、こうした課題を解決するために日新火災海上保険が導入したBRMS(ビジネスルール管理システム)について、メリットや具体的な効果、使いこなしの秘訣などを、当事者のコメントを交えて紹介する。複雑なビジネスロジックを持つ保険料見積りシステムの開発期間を、従来型開発に比べて、BRMS適用部分で約50%、システム構築全体で約30%短縮できたという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。