資料の紹介

 消費財業界におけるマーケティング戦略は、この10年間で、製造側からの「プッシュ型」から、消費側からの「プル型」へと大きくシフトした。製造業各社は、従来のように流通チャネルを通じて大量の商品を出荷するのではなく、マーケティング戦略を駆使して、チャネルを通じ消費需要を“引き寄せる”ことを余儀なくされている。

 こうした状況下、製造業の需要予測を支援する手法として注目を集めているのが、「多層的な原因分析(MTCA)」だ。MTCAという概念自体は以前からあったが、「データの収集とストレージに関する制約」「精度の悪いデータ同期」「分析の専門家がいない」といった理由で、需要と供給計画を結び付けることが困難だった。

 本資料では、ある飲料製造業者がMTCAを導入して需要予測を改善し、マーケティング戦略を最適化した事例について様々な数値データを交えて詳しく解説する。同社は7つのステップから成るプロセスに基づいてMTCAを活用。消費需要を識別・成形し予測の精度を高めることによって、販売量を増やし、収益性を高めることに成功した。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。