資料の紹介

 ビッグデータ時代を迎えて、顧客データ分析はマーケティング活動の効果を高める手段としてますます注目されている。しかし、多くのマーケティング担当者にとって、理論と実践のギャップは大きく、しかも日を追うごとに広がっているのが実情だ。

 マーケティング活動の投資対効果を最大化し、戦略を実行に移して目標を達成するには、従来よりもはるかに細かい粒度で、顧客や見込み顧客を分析する必要がある。Excelをはじめとする汎用のデータ分析ツールを使っていては、期待した効果をあげることは難しい。

 本資料では、ギャップに悩む現在のマーケティング担当者に向けて、データ分析をマーケティングに活かすための基本を説明する。併せて、データ分析主導のマーケティング戦略/計画への移行がなぜ必要なのかを示し、具体的な着手方法やデータ分析フレームワークの構築方法も解説する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。