資料の紹介

 ここ数年の間に、企業のマーケティング活動を取り巻く環境は大きく変化した。ひとつは、消費者や企業が生み出すデータの量が膨大になったこと、もうひとつは、購入の主導権が企業から顧客へと移行したことである。

 これまで企業が手がけてきたマーケティング活動は、主として不特定多数の顧客を対象とするものであった。しかし今後は、顧客一人ひとりの要求に応えるワントゥーワンマーケティングが基本となる。これを実現するには、従来のマーケティング担当者の多くが無縁であった、大量の顧客データを定量的に分析するスキルが必須となる。

 本資料では、どのようにすれば、データ分析から顧客の購買行動に対する洞察を得て、企業の競争優位性を高められるのか、また、なぜそのようにする必要があるのかを考察。併せて、分析から得た洞察を戦略的に活用することで大きな成果をあげた企業の事例や、その実現を支えた分析プラットフォームを紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。