資料の紹介

 スマホはいまや、電話やメールなどの伝達用途だけでなく、ビジネスをスムーズに進めるためのツールとして、幅広く活用されている。例えば、カタログやマニュアルなどの紙媒体をデジタル化してコスト削減と業務効率化を実現したり、広報誌や社内ポータルとしてアプリを活用する、といった用途がある。

 高品質なスマホアプリを迅速に現場に投入できれば、より大きな導入効果が得られる。しかし、アプリを自社開発するためのスキルや人材が社内にない企業や、外注したものの、時間とコストがかかった割には思った通りのアプリができなかった、という苦い経験を持つ企業は少なくない。

 本資料では、マーケティング部門や営業推進・人事・広報など、一般にプログラミングの専門知識を持たない担当者でも、iOS/Androidアプリをプログラミングなしで作成できるクラウドサービスを紹介する。20種類以上のモジュールを組み合わせることで、主に情報発信を目的とするスマホアプリなら、コストと開発期間を通常の10分の1に抑えることも可能という。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。