資料の紹介

 ビジネスのグローバル化と競争激化、人口・労働力の減少などを背景に、高付加価値・高生産の実現や多様な人材の活用を目指す「働き方改革」を検討する企業が増えている。しかし、その必要性は理解しているものの、どこから手を付けてよいか悩んでいるという声も耳にする。

 働き方改革を実施するには、「なぜ改革するのか?」「何を目的に改革するのか?」「我が社にとって何がもっとも重要なのか?」をまず考える必要がある。また、働き方改革には大きく分けて、「柔軟な働き方」「コラボレーション」「業務の効率化」の3つのパターンがあり、評価指標もそれぞれ異なる。

 本資料では、働き方改革の3つのパターンを紹介し、各パターンについて評価指標やおすすめのアプローチ、必要になるITツールを整理して示している。さらに、働き方改革を成功させるために欠かせない検討ポイントを、企画からプロジェクトの推進まで、列挙して解説する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。