資料の紹介

 企業にとってITの活用は重要だ。とくにモバイル端末に関わる売り上げが増えている企業にとっては、死活をにぎる問題となる。しかし従来のアプリケーション開発は、周辺システムとの連携のために手間のかかるインタフェース開発が必要だった。そのために、アプリケーションの追加や修正に長い時間と大きなコストがかかった。

 新しいアプリケーションを追加・修正するとき、接続先やデータの参照先が多ければ開発の工数が増え、さらにテストにかかる工数も増加する。アプリケーション開発の生産性を高めるには、構造をシンプルにして、工数を減らす「IT構造の疎結合化」が必要だ。工数を減らし、さらにテストを自動化すると、より効率がアップする。

 本資料は、ANAが国内線のインターネット予約システムをリニューアルするにあたってIT基盤を見直し、開発環境を構築した事例を紹介する。どのようなツールを使ってアプリケーション連携をシンプルにし、テスト環境も含めた開発工数を減らしたかを詳しく説明する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。