資料の紹介

 2017年7月にマイナンバーを利用したオンライン情報連携が始まり、自治体でも地方税分野における各種情報の提供が可能になる。総務省は、自治体のセキュリティ強靱化を図るため、LGWAN(地方公共団体向け閉域ネットワーク)とインターネットを分離することを推奨しており、LGWAN上で利用できるASPサービスの需要が高まっている。

 アプリケーションベンダーが、LGWAN上で自治体向けにサービスを提供するためには、LGWANへの接続とセキュリティ要件を満たした専用サービス環境の構築が必要になる。しかし、LGWAN接続と環境構築にあたっては厳格な規定があり、アプリケーションベンダーが新たに参入するのは困難な場合がある。

 本資料では、LGWAN上でASPサービスを提供したいアプリケーションベンダーを支援するクラウドサービスを紹介する。IaaS(Infrastructure as a Service)基盤と接続基盤で構成し、LGWAN固有の接続要件を満たした構成設計や申請対応といった業務の負担を減らし、迅速なサービスの立ち上げを可能にする。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。