資料の紹介

 従来のITシステムでは、テクノロジーやプロセスが重視され、操作性やレスポンス、ユーザー満足度といったエクスペリエンスの優先度は決して高くなかった。しかし、少子高齢化を迎え、さらなる従業員の生産性向上が叫ばれる今日のデジタル環境を考えるときには、このような考え方は捨ててかかる必要がある。

 モバイルやSNSに囲まれて育ったミレニアル世代を含め、企業の従業員が今後、効率的に仕事をするには、すばやく簡単にサービスにアクセスできる環境が必須だ。個人の業務内容に合わせたエクスペリエンスを提供するデジタル環境を構築し、社員の生産性と満足度を評価し向上し続けることが、ビジネス成功への確実な道筋となる。

 本資料では、生産性の高いデジタル環境を構築する際の“2本柱”として、「クラウドソーシング」「ペルソナベースのユーザーエクスペリエンスの最適化」を挙げ、その考え方の基本や実際のアプローチについて説明する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。