資料の紹介

 クラウド導入は短期間で大きな効果を生む可能性があるが、やみくもに導入してもビジネスの効率化は達成できない。ビジネスアプリケーションを移行するにしても、ディザスタリカバリに備えるにしても、事前に考慮すべき要素がいくつかある。

 クラウドへのワークロードの移行は、対象が多岐にわたるため、複雑な作業になりがちである。クラウドベースのディザスタリカバリは設備投資を削減できるが、ハイブリッドクラウド環境で複数のツールを使って運用すると、可視性や管理の問題を引き起こし、ダウンタイムのリスク増加につながりかねない。

 本資料では、AWS(Amazon Web Services)を利用して、継続性対策を実現するソリューションを紹介する。既存のシステムをパブリッククラウドに拡張し、オンプレミスとクラウドの間でワークロードをシームレスに移動できるので、ビジネス稼働時間を最大限に確保できるようになる。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。