資料の紹介

 企業がデジタル変革を加速するにあたって、クラウドサービスは重要な役割を果たしている。しかし、クラウドの導入で企業のIT環境が変化しても、依然として変わらないことがある。それは、データを保護し、アプリケーションとサービスの稼働を維持することの重要性だ。

 企業が保有するデータの大半は、冗長で古いデータ、あるいは中身がよくわからないダークデータであるという。これらを含む大量のデータをクラウドにむやみに移してもコストがかさむだけだ。データを可視化して、価値あるデータだけを移行し、保護するようにすれば、コストや手間を削減できるだけでなく、積極的なデータ活用が可能になる。

 本資料では、全社規模でデータを可視化して、Amazon Web Services(AWS)向け「360度データ管理」を実現するデータ保護ソリューションを紹介する。クラウドではデータ保護は不要と考えがちだが、ワークロードをAWSへ移行させる場合には、安全で安定した運用のためにオンプレミス並みのデータ保護は不可欠である。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。