資料の紹介

 企業に情報通信技術が導入されて以来、サイバーセキュリティの重要性が増している。厳格な運用を怠ると、セキュリティパッチの不適用などで、さまざまな脆弱性が生まれてしまう。こうなると、ウイルス対策ソフトを導入していても、業務文書の喪失や機密文書の流出などの問題が発生する。

 しかし、閲覧できるWebを制限するといった厳格な運用を行うと、社員の自由な発想が阻害されてしまう。「ガリガリ君」で有名な赤城乳業では、マルウエアへの感染をきっかけにセキュリティを見直し、法人向けセキュリティ統合プラットフォームと脆弱性管理製品を導入した。同製品は「脆弱性管理」や「IT資産管理」などさまざまな機能を備え、パッチの自動配信などが行える。ユーザーだけでなく、管理者の負担も軽減するので、費用対効果も高い。

 本資料は、既存のウイルス対策ソフトだけでは対処できない、パソコンの脆弱性対策をカバーする製品について、導入事例をメインに紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。