資料の紹介

 ビジネス競争力を高めるために、企業の経営陣がクラウドなどへのIT投資を重視する傾向が強まっている。急激なビジネスモデルの変化に追随し、新たな価値を提供して収益を生み続けるためには、最新テクノロジーの力が欠かせないからだ。

 必要なのは、迅速かつフレキシブルに業務の変化に対応できるITインフラであり、クラウドはその実現手段の代表例だ。しかしクラウドを導入したはいいが、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器の連携が上手く行かずにボトルネックとなり、結果的に業務進行の妨げとなっている例は数多い。クラウドを導入するだけでなく、データセンター全体の運用を見直し、効率を高める取り組みも必要になる。

 本資料では、クラウド運用の効率化と迅速なサービス開発を実現する一つの手段として、ソフトウエア・デファインド・インフラストラクチャー(SDI)の考え方をベースとした「クラウド・オーケストレーション」について解説。さらに、スムーズなSDI導入のために意思決定者が取り組むべき7つのタスクを示した。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。