資料の紹介

 Google アナリティクスを利用して、Webサイトの訪問者、訪問元、コンバージョン率をトラッキングしている企業は多い。しかし、そのなかでGoogle アナリティクスで得たデータを最大限に活用できている企業は一握りだろう。

 Google アナリティクスのデータを十分に活用すれば、「Webサイトで反応のあった訪問者と、我が社のターゲット層はどの程度一致しているか」「最も価値をもたらす顧客は、どのトラフィックから来ているのか」といった質問に答えが出せる。さらに、分析スキルのないユーザーとも、分析結果を共有できるようになる。だが、Google アナリティクスの管理画面での分析には限界があるため、多くのユーザーはExcelなどにデータを出力してから分析するという煩雑な作業を強いられているのが現状だ。

 本資料では、Excelでは煩雑になりがちなGoogle アナリティクスのデータ分析に際して役立つ5つのポイントを紹介する。Google アナリティクスのデータを有効活用するカギは、分析手順を簡素化・自動化してできる限り手作業を削減し、時間を短縮することだという。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。