資料の紹介

 最新トレンドを見極め、迅速に対応して商機を確実につかむには、迅速なデータ分析が欠かせない。とりわけ、小売業をはじめコンシューマ向け製品を扱う企業では、限られた専門家だけでデータを分析するのではなく、経営陣や現場の社員にもデータを積極的に開示、データ分析を積極的に意思決定に活用する例が増えている。

 オフィス用品通販のアスクルは、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを導入して売り上げダッシュボードを作成し、従業員やマーチャンダイザーと共有している。楽天のトラベル事業部も同様に、BIツールにより膨大なデータをビジュアル化し、現場がとるべきアクションの優先順位付けをすることで、限られた人員を有効活用している。

 本資料では、上記の2社の事例も含め、2017年の小売および消費財業界におけるデータ分析の6つのトレンドを紹介する。鍵となるのは、セルフサービスBI、モバイル分析、IoT(モノのインターネット)、オムニチャネルデータ統合などである。より速く、シンプルで、モバイルとの親和性が高いツールの需要が拡大している。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。