資料の紹介

 企業にとって事業計画の見直しは日常茶飯事だ。ビジネスの急激な変化に対応するには、大小さまざまな事業計画の見直しは避けられない。しかし、多くの企業では人事、マーケティング、営業といった部門ごとに予算編成プロセスが存在し、それらが部分最適化されているために、全社の予算編成を俯瞰的に見直せないことが大きな課題だ。

 課題をさらに困難なものにしているのが、それらの企業のほとんどが予算編成にExcelを利用していることである。ある調査によると、事業計画にExcelを利用している企業の48%が作業の煩雑さを課題に挙げており、62%の企業の経理部門が日々の事務作業に追われて分析に時間を割けないと回答している。

 本資料ではこうした課題の解決事例として、クラウドベースの管理会計ソリューションを導入した3社(クラフト・ハインツ、ギャップ、ヒルトン)の取り組みと成果を紹介する。クラフト・ハインツでは、ゼロベース予算により17億ドルのコスト削減を実現したほか、予算編成プロセスの透過性確保、ユーザーの利便性向上などの効果も得られた。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。