資料の紹介

 仕事にはいわゆる報連相——報告、連絡、相談が欠かせない。しかし、それらに時間をとられすぎると、本業に差し支える。報連相や会議などにかける時間をいかに減らし、本来の業務に集中できるかが働き方の改革の肝となる。

 たとえば、毎日の作業に日報がある。一から書き起こすと大変だが、ちょっとしたスキマ時間を使いチャットボットからの質問に返答していくだけで自動的に日報が作成できたら、大幅な時間の短縮となる。スマホで撮影すれば、現場の写真を添付するのも簡単だ。こうした時短を集めることで、一日に数十分の空き時間を作り出すことができる。

 本資料は、さまざまなボット機能を搭載したビジネスチャットを紹介し、あわせてその導入事例についても紹介する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。