資料の紹介

 サイバー犯罪による脅威は危機的レベルに達した。もはや影響を受けない地域や産業はない。そして、その手口は増え続け、変化している。企業のセキュリティ管理者はその変化に対応するため、大量のセキュリティ・データを収集し、分析しているが、限界に達しつつある。

 この状況に対し、セキュリティ管理者は情報収集の速度、精度を高める方法を模索している。例えば、セキュリティに関する調査文書や学術論文、ブログなどで書かれたレポートなどを自動的に解析して適用するといった、セキュリティ管理者を手助けしてくる機能をシステムに望んでいる。

 本資料では、35か国18の業界を代表する情報セキュリティ担当者とセキュリティ・リーダー700人を調査。セキュリティ管理者たちが直面している課題、弱点をつきとめ、それを解決する新しい技術の活用、期待値や導入状況について、解説する。

次ページ以降はITpro Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。